インフュージョン成形ってなんだ?

ごきげんよう、たぬきです。

先週、新しいHPを立ち上げて1週間

まだまだ未完成状態(ゴールはどこ?)ですが、

ちょいちょいページのレイアウト変更や増設をしています。

そんな中、社長は

新たなパーツ作製に向けて

続いてはトランクの作製に取り掛かりました!

車種はCT9A系ランサー

トランクはⅦ~Ⅸまで共通ですね♪

ボンネットに関してもエボⅦ用ももうじきだそうです。

さて今回は

カーボンパーツ作製のキモである、

インフュージョン成形について紹介します。

インフュージョン(Infusion)は、下型とフィルムを使い気密性を保ち、真空圧によって樹脂充填、含浸させるクローズドモールド成形法です。 樹脂の流れが目視で確認できます。

わかりますか?

正直言って、

私、たぬきもよく理解していませんでした(;´д`)

百聞は一見にしかずということで

FRPやウェットカーボンの工程をご存知の方はわかるかと思いますが、

樹脂をハンドメイドでファイバーやクロスに塗り込む

樹脂を真空圧にてファイバーやクロスに流し込んで塗り込む

の違いですね!

これにより必要最低限の量をムラなく均一に塗ることが可能です。

原理はとても簡単ですが、実践するには技術が必要です(;´д`)

これは社長の技術、企業秘密なわけで…

ちょっとずつ紹介?出来れば行っていきます。

それではまた

#カーボンパーツ

特集記事
最新記事